読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薩摩の國から

地域づくりを中心に様々なテーマについてまとめていきます。

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

先日お話伺った、ライフネット生命社長兼COOの岩瀬大輔さんの「入社一年目の教科」を読破。印象に残った3点についてまとめます。

①頼まれたことは、必ずやりきる

頼まれたことから逃げているようでは、信頼が得られません。

頼まれたことに大して誠実に対応することが、信頼につながり、さらなるチャンスに繋がっていくのではないでしょうか。

 

②50点でも構わないから早く出せ

f:id:naokils0546:20160209033948j:plain

学生が受ける「試験」で求められるのは、「個人の力

社会人として大事なのは、仕事の「成果物の「

だとするならば、周りの方と協力した方が圧倒的に効率的。

1人で出来ることは限られます。

 

1人で抱え込むよりも、50点でもいいから早く出して、アドバイスをいただき、改善を行った方が良いということでした。全く持って共感します。

 

③つまらない仕事はない

f:id:naokils0546:20160417003733j:plain

つまらない仕事も、マインド次第で面白くなることが多いと個人的には思います。

 

与えられた仕事を、あらゆる角度から分析し、どれだけ学び取ってやろうかという視点を持つと、つまらないと感じることは少なくなるのではないでしょうか。

 

つまらないと感じたときは、自分の実力不足と思うようにしています。

 

これらのありがたい言葉を胸に刻んで、頑張りたいと思います。