読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薩摩の國から

地域づくりを中心に様々なテーマについてまとめていきます。

フィールドワークをするにあたって、大事にしていること

f:id:naokils0546:20160102223546j:plain

今回は、僕がフィールドワークをするにあたり、大事にしていることをまとめてみたいと思います。

 大事にしていること

事前勉強

f:id:naokils0546:20160101185801j:plain

勉強会、書籍、TV、映画などを用いて、出来る限り事前勉強します。こうすることにより、自分が何を学びたいのか明確化されます。

また、現場で人にお会いするときの最低限のマナーになると考えています。調べれば答えの出る質問をするのは、失礼です。 

人に会う約束を事前準備する

自分1人でいきなり飛び込むのも確かに勉強にはなりますが、限られた時間で成果を出すのはなかなか難しいと思います。そこで、僕の場合、勉強会等で知り合った方に紹介してもらうようにしていました。

このようにすると、限られた時間でたくさんの方に興味深いお話を伺うことが出来ます。

具体例にはなりますが、北海道ニセコ町を訪れた際、町長の片山健也さんをご紹介していただき、非常に興味深いお話を受け、感銘を受けました。いきなり飛び込むだけでは、手に入れることの出来ないチャンスだと思います。 

③五感を大事にする

五感をフルに使い、何事も吸収する姿勢を持つようにしていました。

④お礼をする

お礼の手紙を書くなどして、感謝の気持ちを伝えます。

⑤振り返る

f:id:naokils0546:20160102225831j:plain

ブログ記事にすることで、自分は何を感じ取ったのか、何を学び取ったのかということを整理するようにしていました。無理に公開しようとはせず、考えが煮詰まるまで、記事を寝かせることもしばしば。自分のペースで、取得した情報を消化します。

最も重要なこと

f:id:naokils0546:20151231220655j:plain

全体を通して最も重要なことは、礼儀正しく接するということです。人として当たり前の事ですが、非常に重要です。

 

人の輪は広がるとよく言いますが、人の輪が広がるのは、目の前の人を大事にしてこそ、です。

 

これからも色んな場所に赴き、色んな方にお会いできたらよいなと思います。