薩摩の國から

地域づくりを中心に様々なテーマについてまとめていきます。

ニセコにおけるWeb配信の秘密

P1010927.jpg
前回、ニセコのパンフレットの秘密を取り扱いましたが、

今回は、ニセコにおけるWeb配信の秘密に迫ってみたいと思います。

・Webにおける海外対応
Webでの観光客への配信において、パンフレットとの最大の違いは、

柔軟性です。

Webでは、ターゲットに対し、より的確に情報を発信することが出来るのです。

?言語
img58903857.jpg
ニセコ朝役場には、外国人職員の方がいらっしゃいますが、

この方たちを中心に、

自国にとって親しみやすい言語で配信することを心掛けるようです。

英語一つとっても、様々な方言があり、流行語もあります。

ターゲットに対し、どの言葉を使うのが最適かということを考えながら、配信するそうです。

?写真
powderlife-magazine-04.jpg
写真に関しても、パンフレットと比較してもより細かい違いを出すことが出来るのです。

皆さん、観光関連のウェブサイトに言語バーが表示されているのはご存じでしょうか?

僕も知らなかったのですが、

言語バーを変えると、

言語表記だけではなく、使われる画像のデザイン・色彩も変化することが多いです。

自国に優しいデザイン・色彩を取り入れるとのことです。

ターゲットのニーズに合わせて、柔軟に対応するという姿勢は、

前回の記事で述べた、(こちらを参照)

「計画力だけではなく、対応力」という言葉にも表れているのかもしれません。