薩摩の國から

地域づくりを中心に様々なテーマについてまとめていきます。

五感をフルに使う 〜檜原村〜

2687924973032.jpg
4月に引続き、再び東京本州唯一の村檜原村に行ってまいりました。(前回の記事はこちら

今回の目的は主に2つ。

?リベンジ
前回は天候に恵まれず、お茶摘みが出来なかったため、是非今度こそという思いがあったこと。

?交流
前回、お世話になった方にもう一度会いたいという思いがあったこと。

やはり、人と人のつながりは、もう一度訪れるきっかけになると最近実感することが多いです。

さて、本題のお茶摘みについてまとめていきたいと思います。

普通、お茶摘みと言えば皆さんは何を連想するでしょうか?
c0192496_142253731.jpg
上図のような、きれいに整えられた茶畑での作業を思い浮かべることが多いのではないでしょうか。

しかし、今回は違います!!
S__10838024.jpg

獣害対策用の電流が流れるネットのさらに奥側まで進み、今にも滑り落ちそうな急斜面で、野生のお茶の葉を摘みました。

お茶摘みにおけるポイント
?色
緑というよりは黄緑のお茶の葉が美味しいみたいです。
?手触り
手触りが柔らかいお茶の葉が美味しいみたいです。
?スピード・正確性
最初は慣れませんでしたが、

徐々に色・手触りで美味しいお茶の葉が判断できるようになり、

素早くたくさんのお茶の葉を摘むことが出来るようになりました。
2687932504466.jpg
慣れてくると、上図の写真を見ただけでも、どれが美味しい葉か分かるようになります。
皆さんは分かりますか??

作業をしながら、檜原村の方との会話も非常に楽しいものとなりました。

一通り作業を終えた後は、皆とここで採れた葉を使った紅茶をいただきました。

作業のあとの一杯は何とも言えない美味しさ。

その後、数馬温泉を訪れ、リラックス。

是非、再び檜原村に訪れたいと思います。

・まとめ
S__10838019.jpg
普段は、いわゆる「都会」に住んでいるわけですが、

たったの数時間でこのような大自然に触れることが出来るのはとても良いですよね。

現代人は、五感を使って日常生活を送ることが少なくなってきていると思われますが、

たまには、五感をフルに使うという経験をしてみてはいかがでしょうか。