薩摩の國から

地域づくりを中心に様々なテーマについてまとめていきます。

シンポジウム「生き残りにつながる地域の取り組みとは 地域経済・地方創生の観点から」その?

TSU82_sougen500-thumb-1500x1000-12113.jpg

2月9日枝廣淳子さんを代表とするジャパン・フォー・サステナビリティ(JFS)主催のシンポジウムに参加してきました。
(詳細はこちら

題は、「生き残りにつながる地域の取り組みとは 地域経済・地方創生の観点から」です。

?JFS「地域の経済と幸せプロジェクト」のご紹介、研究成果発表(新津 尚子: 幸せ経済社会研究所 / JFS)

地域内で仕事を作りだし、お金を地域内で循環させることの大切さを学びました。
スペインのバスク地方に存在するモンドラゴン協同組合企業、地元の小規模な食料業者への投資を呼びかける運動であるスローマネー運動、 地域にお金が入ってきてもすぐに地域外に出ていけば、地域は豊かにならないという理論である漏れバケツ理論など知らないことばかりで非常に興味深かったですね。

?発表:地域乗数効果について(明石 修氏:武蔵野大学 環境学部 准教授)

・地域に入った資金が地域から出ていく場合、何回地域内で回るか
・地域に入った資金が地域から出ていく場合、地域の所得をどれだけ作り出すか

という指標である地域内乗数効果について学びました。


??を通して、地域内での経済循環の重要さを学びましたね。

以前、とある方から、「地域内でお金を回していかないと、お金が地域の外に逃げてしまう」と言われたことを思い出します。

当然、全てを域内で経済循環するのではなくて、地域の強み既にあるものポテンシャルを持っているもの有効活用し由執していく必要はあると感じました。